【超時事ニュース】知床観光船遭難 なぜ事故は起きたのか 事故3日前に合格? “中間検査”の落とし穴 社長の認識の甘さも (22/04/29 20:58) 出典: 北海道ニュースUHB

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 03:22

 

📃出典: 北海道ニュースUHB
https://www.youtube.com/watch?v=JBWs51ZWIbI

 

📅公開日: 2022-04-29 21:02:23

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

北海道斜里町の知床半島での観光船遭難は、なぜ起きてしまったのか。取材を進めると、さまざまな要因が見えてきました。どうしたら事故を防ぐことができたのでしょうか。

 遭難した観光船「KAZU1(カズワン)」を運航していた知床遊覧船の桂田精一社長の会見。その発言から事故の原因となる背景が見えてきました。

 観光船の運航会社は出航の判断基準を定めた「安全管理規程」を国土交通省に届け出なければなりません。

 欠航の基準を風速や波の高さ、視界など具体的な数値で記入します。ところが…。

 記者:「Q,何のために安全管理規程があるのか?」

 運航会社「知床遊覧船」桂田 精一 社長:「安全管理規程に数値は出ていないです」

 数値を記入していなかったというのです。

 4月29日、海上保安庁などによる点検を受けた羅臼町の観光船。

 この船の安全管理規程を見せてもらうと、具体的な数字がきちんと記入されています。

 知床ネイチャークルーズ 長谷川 真人さん:「運航基準があって、これを超えたら出航を中止。沖でこの基準に達するのなら、運航を中止にしなさい、という基準」

 斉藤 鉄夫 国交相:「桂田社長は安全管理規程の数字について、あやふやな場面があったが、数字を明記した安全管理規程がある」

 桂田社長の安全管理に関する認識不足が明かになりました。

 2022年に入ってからの「KAZU1」の整備状況について桂田社長は。

 運航会社「知床遊覧船」桂田 精一 社長:「1月には来シーズンに向けて『KAZU 1』を陸に上げて、造船所の方に整備依頼。4月20日に日本小型船舶検査機構の中間検査を受け合格」

 遭難の3日前に検査を受け合格していたというのですが。

 記者:「Q,船首に亀裂は入っていた?」

 他の観光船の船長:「そうでしょう、水が出ていたから。俺が見たのはこれくらい」

 別の観光船の船長によると、約1か月前に船首部分に10センチほどの亀裂が入っていたというのです。

 なぜ検査で発見されなかったのでしょうか。小型船舶の検査に詳しい人は。

 船舶免許学校の代表:「さっと目視という感じ。時間をかけて検査をするわけではない」

 「KAZU1」のような陸から近い海域を航行する小型船舶の検査は、5年に1度の定期検査と、毎年行われる中間検査があります。

 事故の直前に行われた中間検査では、船体の損傷や変形は検査項目に含まれていません。検査のあり方が問われています。

(KAZU1の「ワン」は正式にはローマ数字)

https://www.youtube.com/watch?v=JBWs51ZWIbI 引用元:北海道ニュースUHB

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました