【超未来ニュース】19歳の投票率向上へ 自分への手紙を受け取る「一票で未来が変わるかもしれない」 (22/04/29 18:59) 出典: 新潟ニュース NST

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未来ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 02:35

 

📃出典: 新潟ニュース NST
https://www.youtube.com/watch?v=7qYiIOwzJaU

 

📅公開日: 2022-04-29 19:08:30

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

来月の知事選、その後の参院選と重要な選挙が続きますが、課題となっているのが若い世代の投票率の低下です。中でも低い19歳の投票率を上げようと選挙管理委員会が活用したのは過去の自分からの手紙です。

【杉本キャスター】
「集まったのは19歳の若者の代表です、以前自分自身が書いたメッセージを選挙権を得た今、受け取ります」

28日、県庁で日本郵便を通し手紙を受け取ったのは今年度19歳になる3人の若者。

そこに書かれていたのは…

「若者が選挙に行かなければ政策がどんどん高齢者向けになっていく一方なので、忙しくて自分のことでいっぱいでも自分なりに考えていくようにすること」

これは去年、当時高校生だった3人が未来の自分に宛てて書いたものです。

2016年以降、20歳から18歳に引き下げられた選挙権年齢。

その後の国政選挙での県内の投票率を見てみると、選挙権を得た直後の18歳と比べ進学や就職で親元を離れることが多い19歳の投票率が大きく下がっています。

こうした状況を受け、県選挙管理委員会は去年から県内の高校生に未来の自分に向け政治や選挙に対する思いを手紙にしてもらい、19歳となる年に返送することで投票に行くきっかけを作ろうと取り組んでいます。

来月に知事選を控える中、今回、代表として自分が書いた手紙を受け取った3人は当時綴った政治参加への意欲を思い起こしていました。

【手紙を書いた19歳】
「自分の投票する一票で未来が変わるかもしれないという気持ちを忘れないことが大切」
「私たち若い世代は選挙に行かないことでより、今後、自分の未来の首を絞めることになっていると思うので、今後の未来を築いていくためにも選挙に参加することは大切なことと感じた」

今回、約1000人の19歳に返送された手紙で投票率向上に繋がるか、知事選は来月12日に告示、29日に投開票です。

https://www.youtube.com/watch?v=7qYiIOwzJaU 引用元:新潟ニュース NST

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました