【超時事ニュース】鹿角市の官製談合事件をめぐる裁判 前市長が起訴内容をすべて認める 秋田 (2022/05/09 21:15) 出典: AAB秋田朝日放送

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 01:47

 

📃出典: AAB秋田朝日放送
https://www.youtube.com/watch?v=3BTGH6ziboc

 

📅公開日: 2022-05-09 21:18:51

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

秋田県の鹿角市が発注した工事を巡る官製談合事件の裁判で、児玉前市長はすべての起訴内容を認めました。

鹿角市の前の市長児玉一(こだま・ひとし)被告(75)は鹿角市が発注した工事3件を巡って業者に最低制限価格などを漏らしたとして起訴されました。

9日秋田地裁で開かれた裁判で児玉被告は、「道の駅かづの」の改修工事で工事を落札したイトウ建材店の当時の会長伊藤正隆(いとう・まさたか)被告(71)に最低制限価格を電話で漏らしたことを認めました。伊藤被告も起訴内容について認めました。児玉被告は3月に秋田地裁で開かれた初公判でも起訴された2件について容疑を認めていてすべての起訴内容を認めたことになります。

検察側は、児玉被告は入札に必要な情報を漏らした業者3社の役員との間で少なくとも10年以上の付き合いがあり業者からの頼みを断るのは難しく、「悪いことだとは思いながらも教えてしまった」と指摘しました。さらに、児玉被告が業者側に最低制限価格などを教えた理由について検察側は「入札がうまくいかなければ工事が進まなくなるから」としました。

児玉被告は、当初警察からの調べに対し黙秘か、「誰が教えたか分からない」「自分は教えていない」といった犯行を否定する供述をしていたということです。児玉被告と業者側の被告4人はいずれも起訴内容について認め争わない考えです。

https://www.youtube.com/watch?v=3BTGH6ziboc 引用元:AAB秋田朝日放送

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました