【超時事ニュース】【記者解説】最も深刻な原発事故 国の責任をどう判断《裁判の争点を整理》全国最大規模の集団訴訟 (22/06/16 19:52) 出典: 福島ニュース [福テレ]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 03:54

 

📃出典: 福島ニュース [福テレ]
https://www.youtube.com/watch?v=4EajdK5AybE

 

📅公開日: 2022-06-16 19:54:26

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

<裁判のポイント・争点について福島テレビ・阿部加奈子記者の解説>
争われているのは大きく2点で、国が【津波を予測することができたか(予見可能性)】そして、その予測のもと【東京電力に対策を取らせていれば事故は防げたか(結果回避可能性)】です。

《この2つの争点についてポイントは?》
まず国が2002年にまとめた、地震の発生確率を予測した『長期評価』の信頼性です。
原告側は専門家や科学的な知見に基づくこの長期評価をもとに津波は予測できたと主張。
一方、国側は「当時原子力規制に取り入れるべき確かな知見ではなかった」と信頼性を否定しています。

《長期評価の信頼性が認められるかが、国の責任を判断する前提となる?》
また津波を予測できたとして、国がどのような対策を東京電力に取らせることができたのか?その対策で事故は防げたのか?がポイントになる。

《一審・二審とも国の責任は認められている。最高裁でも同じ判断に?》
ただ今回は、4件の集団訴訟について統一の判断が示されます。このうち群馬訴訟では2審で長期評価の信頼性、国の責任のいずれも認めていないため、最高裁がどのように判断するかが注目されます。

《最高裁判決で国の責任が認められた場合、今後の影響は?》
賠償金については、東京電力が基準を上回る額を支払うことが決定していますが、国の責任が認められた場合はこの賠償基準の見直し、また今後の被災者支援なども見直される可能性があると専門家は指摘しています。

***
【原発事故の賠償問題に詳しい大阪公立大学の除本理史教授】
「国の責任が今回認められるということになれば、国の政策を作り上げていくサイドの責任として、賠償指針の見直しを進めていくということは当然求められていくと思います」

最高裁が国の責任を認めた場合、賠償基準の見直しだけではなく、復興に関わる政策などにも影響が出てくると考えている。

「賠償のことだけではなくて、国がどういう復興政策や被災者生活の再建支援策をうちだしていくのかということにも、波及していく問題だと思います。一般的な被災者支援策を、今まで通り続けていればいいということではなくて、加害者としてどう被災者に向き合うのかということが、問われてくるということになりますので、今まで以上に被災者の実状をきめ細かく把握してきちんとした支援策を講じていくことが求められていくだろうと思う」
***

今回初めて示される最高裁の判断は、全国でおよそ30ある原発事故を巡る集団訴訟にも大きな影響を与えるとみられています。
最も深刻な【レベル7】と評価された原発事故で、最高裁が国の責任をどう判断するか。注目の判決は6月17日午後2時半に言い渡されます。

https://www.youtube.com/watch?v=4EajdK5AybE 引用元:福島ニュース [福テレ]

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局