【超裏ニュース】九州に梅雨前線停滞 「恐怖感じる」警報級の大雨で災害の危険(2022年6月21日) 出典: ANNnewsCH

スポンサーリンク
スポンサーリンク
裏ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 04:33

 

📃出典: ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=4kMbEGUjH40

 

📅公開日: 2022-06-21 18:03:16

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

 関東で連日の蒸し暑さとなる一方、九州は大雨に見舞われました。活発な梅雨前線の影響で大雨となった九州では1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、佐賀県の一部地域では避難指示も出されています。

 大粒の雨が降る21日午前6時すぎの鹿児島市内。

 太陽は昇っている時間ですが、分厚い雨雲に覆われているため薄暗く、車はヘッドライトをつけて走行しています。

 朝から九州各地は“警報級の大雨”に見舞われました。

 大隅半島の内之浦では1時間の雨量が68.5ミリと、短い時間で道路が冠水するような非常に激しい雨が降りました。これは今年最大となる雨量です。

 長崎市内でも今年一番の雨量となりました。脇岬の1時間雨量は60ミリを超え、隣町に住む女性は恐怖を感じたといいます。

 長崎・脇岬の隣町の住民:「(雨は)バラバラバラバラバラバラって感じでしたかね。ゲリラ豪雨というんですかね。ガーっと降っているような感じの音で目が覚めました。家の中は二重サッシにしているんですけど、それでも聞こえるくらいの雨でした。怖いかな・・・このまま降り続くと思いながら外を見ていたんですよ。中学生の子どもがいるんですけど、学校の始業時間が9時と学校から連絡が来まして始業時間が遅れました」

 21日朝、長崎や鹿児島など九州4県で大雨警報が発表され、佐賀県の一部地域では避難指示も出される事態となりました。

 この大雨をもたらしたのは九州南部に停滞する雲の塊、気象衛星が捉えた梅雨前線です。

 活発な梅雨前線が九州に掛かり続けることで、明け方から昼前にかけて九州の広い範囲で激しい雨が降りました。

 大雨の影響は交通網にも・・・。九州新幹線は博多から鹿児島中央の間で一時、運転を見合わせました。

 在来線のダイヤも大幅に乱れたということです。

 20日からの雨量は九州各地で100ミリを超えています。激しい雨が降り続いたことで、さらなる被害にも警戒しなくてはいけません。

 熊本県天草市では高さ5メートルの斜面が崩落し、住宅のすぐ近くにまで土砂が迫っていました。

 九州では午後も断続的に雨が降り続く見込みとなっています。

 これまでの雨で土壌が柔らかくなっているので、急な斜面など危険な場所には近付かないよう注意が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://www.youtube.com/watch?v=4kMbEGUjH40 引用元:ANNnewsCH

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局