【超時事ニュース】発熱したコロナ患者にも処方…解熱鎮痛剤「カロナール」入荷困難 感染拡大不安も「代用可能」〈宮城〉 (22/08/01 18:43) 出典: 仙台放送ニュースチャンネル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 02:27

 

📃出典: 仙台放送ニュースチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=pnpWKR5hK6I

 

📅公開日: 2022-08-01 18:57:01

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

新型コロナの急速な感染拡大により、処方薬の解熱鎮痛剤「カロナール」の需要が全国的に急増しています。宮城県内の薬局では「代用可能な解熱鎮痛剤は複数あるため、安心してほしい」と呼びかけています。

富谷市にあるリフレ薬局上桜木店です。

リフレ薬局上桜木店 竹井直行 管理薬剤師
「引き出しにいつも入れてある分と、入りきらない分という感じで置いてある。今はこれだけという感じ」

カロナールは比較的副作用が少なく、子供や妊娠中の女性、高齢者などが発熱した際、医師が処方する代表的な解熱鎮痛剤です。「アセトアミノフェン」という成分が含まれ、発熱した新型コロナの患者にも処方されています。しかし、感染の第7波で需要が急増し、製造メーカーが安定供給のために出荷を制限するなど、全国で品薄の状況になっています。

リフレ薬局上桜木店 竹井直行 管理薬剤師
「問屋さんの方から連絡をもらって、今後もしかすると入荷が危ないかもしれないという話をもらった。余裕を持ってということで在庫は確保させてもらった。今のところ、処方が出た場合は、問題なくお薬の方は渡せる状況」

こちらの薬局で保有しているカロナールはおよそ2カ月分。今後、さらに感染が拡大した場合は不安もあるといいます。

リフレ薬局上桜木店 竹井直行 管理薬剤師
「今後、需要がこれ以上に増えてきた場合、間に合わないということも考えられるので、その辺はちょっと不安な部分はある」

一方で、解熱鎮痛剤は、カロナールだけではありません。カロナールと同じ「アセトアミノフェン」は一部の市販薬にも含まれています。他にも、15歳から服用できる「ロキソプロフェン」という成分や、子供にも使える「イブプロフェン」という成分を含む薬も発熱や痛みを抑える効果があり、症状が出たときに代用できるといいます。

リフレ薬局上桜木店 竹井直行 管理薬剤師
「生産が全く止まっている状況ではない。問屋さんからも、いままでの実績から月平均で何本までという制限はあるが、全くカロナールが入らないということではない。必要な方にカロナールを処方してもらって、別なもので替えがきくようであれば、そちら(代用品)でも大丈夫だと思う」

https://www.youtube.com/watch?v=pnpWKR5hK6I 引用元:仙台放送ニュースチャンネル

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局