【超未来ニュース】個性派「かき氷」大集合!メロン型・オンザそば・ケーキ型…進化が止まらない (22/08/03 12:55) 出典: 仙台放送ニュースチャンネル

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未来ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 08:40

 

📃出典: 仙台放送ニュースチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=KlhDXjOB4ec

 

📅公開日: 2022-08-03 18:49:55

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

個性派ぞろいの「かき氷」を特集。どれも、かき氷には見えない!

(仙台放送 西ノ入菜月アナウンサー)
「ウェスティンホテル仙台です。下から見ると高いですね。こちらではどんなかき氷がいただけるんでしょうか?さっそく行ってきます。」

まず伺ったのはホテルの26階にある「ラウンジ&バー ホライゾン」。仙台市内を一望しながらいただける個性派かき氷とは?

(ラウンジ&バー ホライゾン廣瀬利昭レストランマネージャー)
「こちらがメロンのかき氷でございます。」

(西ノ入菜月アナウンサー)
「かき氷ですか?これでもかとたくさんメロンがのっていますよ。そして器もメロンなんですね。」

夏の間、期間限定で販売されているメロンのかき氷。氷は、蔵王の天然水を48時間かけてゆっくり凍らせることで、くちどけなめらかな優しい味わいに。氷の上には、2種類のメロンを丸くくり抜いてトッピング。器も含めてメロンを丸ごと1個使った、まさに贅を尽くしたかき氷。

(西ノ入菜月アナウンサー)
「幸せ。おいしい。メロン三昧ですね。これでもかとメロンを、素材そのままのおいしさをいただける。食べ進めれば進めるほど、ぜいたくが止まりませんね。」

(廣瀬利昭レストランマネージャー)
「そうおっしゃっていただいて何よりです。」

こちらの店はこれまで夜の時間帯に、バーとしてのみ営業していたが、コロナ禍でホテルの利用客が減少。そこで、昼の時間帯にもラウンジを活用し、お酒以外にも楽しめるメニューとして、夏限定でかき氷の提供を始めた。

(廣瀬利昭レストランマネージャー)
「ホテルの宿泊様だけでなく(一般客も)かき氷だけでも気軽にお召し上がりいただけるようにご用意していますので、厳選したメロン、蔵王の天然水の氷、あとはホテルから見える景色をぜひお楽しみいただきながらお召し上がりいただきたいと思います。」

(西ノ入菜月アナウンサー)
「仙台市青葉区五橋にやってきました。続いてのお店はちょっと変わったかき氷がいただけるということです。さっそく入ってみましょう。」

「てるや」は、手作りの石窯で焼き上げた沖縄名物「ちんすこう」や、「沖縄風そば」が楽しめる店。オープン以来、毎年夏にかき氷を出しているが、このたび、一味もふた味も違ったかき氷を開発した。

(西ノ入菜月アナウンサー)
「待ってください。かき氷の氷の下のほう、麺が見えていますけれど、これは何?」
(てるや 大城はるなさん)
「かき氷をのせた麺、沖縄のそばを冷やしたものになります。」
(西ノ入菜月アナウンサー)
「沖縄のそば?どんな味がするんだろう?」

なんと、沖縄のそばの上にかき氷!レモンまるまる2個分使った自家製シロップと一緒にいただく。

(西ノ入菜月アナウンサー)
「すごい!かき氷の下から麺ですよ。こんなビジュアル見たことありますか?ん?甘い!なんでですか?」
(大城はるなさん)
「氷にかき氷の甘みがあって、麺はだししょうゆに浸して塩味と絡めながらお召し上がりいただくようなメニュー。」
(西ノ入菜月アナウンサー)
「レモンの甘いシロップと、だししょうゆの甘じょっぱさがかけ合わさっていて、かき氷の味もしっかり味わえますし、沖縄のそばのもっちりとした麺のおいしさも一緒に味わえて新食感ですね。すごい!面白い!沖縄の方は召し上がる?」

(大城はるなさん)
「そうではない。店のオリジナルメニューです。冷やした麺にかき氷を入れたら面白いんじゃないかと、ホントに思いつき。やってみたらおいしかった。おそばとかき氷一緒に楽しめるのってあまりないと思う。変化を楽しんでデザートのような食事のような変化をお客様自身で、お好きなように楽しんでいただければいいなと思います。」

続いては、仙台市青葉区の南町通沿いにある「メゾンシーラカンス」。仙台市内に3店舗を構える人気パティスリー「カズノリイケダ」の新スタイルの店で、2021年オープン。世界各国のスイーツがずらりと並んでいるが、なかでも話題を呼んでいるのが、まさに新スタイルのかき氷だ。

(メゾン シーラカンス 福島紗季さん)
「お待たせいたしました。」
(西ノ入菜月アナウンサー)
「え?ケーキではなくかき氷を頼んだんですけど。」
(福島紗季さん)
「こちらのお品物になります。」
(西ノ入菜月アナウンサー)
「これ、かき氷ですか?このビジュアルかき氷?見た目ケーキにしか見えないですよね。」

おいしそうなホールケーキがまるまる一個…。本当にこれ、かき氷なのか?

(西ノ入菜月アナウンサー)
「まだちょっと半信半疑、かき氷なのかな?ジャリっていいました!ザクザクって音しますよ。断面がかき氷な感じ。いただきます。ひんやり!かき氷だ!びっくりですね!したたるようなマンゴーの味が存分に味わえます。ちょっとこれは衝撃的なかき氷ですね。このビジュアルでじゃりじゃり、ザクザクといただけるのはかき氷ならではですよね。」

ケーキの中にはたっぷりのマンゴーかき氷!ケーキの型をつくるように、氷とマンゴーソースを交互に重ねていく。そして、スポンジの上に乗せて、土台の完成。パティシエの技術を生かして、その外側に生クリームを丁寧にぬっていく。本当にケーキを作っているようにしか見えない。トッピングに「キングオブマンゴー」と呼ばれる「アルフォンソマンゴー」を乗せたら、パティスリーの個性が光る、かき氷の出来上がり。

(西ノ入菜月アナウンサー)
「マンゴー、一粒がとっても大きい!」
(福島紗季さん)
「夏の季節に皆様に涼しんでいただきたい。見た目もそうなんですけど、夏かき氷とショートケーキのコラボと言いますか、皆様に驚いて楽しんでいただければ。」
(西ノ入菜月アナウンサー)
「一品でこんなにぜいたくな気持ちを味わえるかき氷、なかなかお目にかかれない。おいしいが止まらないですね。」

https://www.youtube.com/watch?v=KlhDXjOB4ec 引用元:仙台放送ニュースチャンネル

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局