【超時事ニュース】【懲役20年に不服】大阪・天満カラオケパブオーナー殺害事件の被告が控訴 1審の裁判員裁判では、「死刑判決でお願いします」と繰り返し発言 出典: ABCテレビニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 00:49

 

📃出典: ABCテレビニュース
https://www.youtube.com/watch?v=q-NEJ1uQnwQ

 

📅公開日: 2022-11-04 21:03:15

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

判決を不服として被告側が控訴です。
 無職の宮本浩志被告(57)は去年6月、大阪市北区のカラオケパブで、経営者の稲田真優子さん(当時25)の首や胸を刃物で突き刺すなどして殺害した罪に問われています。
 1審の裁判員裁判では、弁護側が無罪を主張する一方、宮本被告は「死刑判決でお願いします」などと繰り返し発言していました。
 大阪地裁は10月20日、宮本被告の所持品に付いた稲田さんの血液やLINEのやりとりなどから、「被告が犯人である」と認定しました。
 「強固な殺意のもとにされた無慈悲で残酷な犯行」と指摘し、懲役20年の判決を言い渡しました。
 弁護側は2日付で、この判決を不服として控訴したということです。

https://www.youtube.com/watch?v=q-NEJ1uQnwQ 引用元:ABCテレビニュース

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局