【超時事ニュース】「処方薬の在庫が乏しい…」 新型コロナ 熊本県内は2日連続の1000人超え 出典: 熊本朝日放送 KAB NEWS

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 03:20

 

📃出典: 熊本朝日放送 KAB NEWS
https://www.youtube.com/watch?v=9075qHIMFGk

 

📅公開日: 2022-11-16 20:03:27

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

熊本県内では16日、新型コロナの新規感染者が1034人確認され、2日連続で1000人を超えました。第8波が1月にピークを迎えるとの予測がある中、季節性インフルエンザとの同時流行が危惧されています。

杉野クリニック 杉野茂人院長
「子どもさんを中心に発熱を訴える方が増えてきている」

 熊本市西区の小児・内科クリニックでは新型コロナや風邪、RSウイルスの患者が増え、1日あたり30人から40人ほどの患者を発熱外来で診察しています。そのような中、懸念しているのが…
        
杉野クリニック 杉野茂人院長
「冬にかかってきて子どもたちの感染症インフルエンザが重なって流行してくると発熱外来は大変な状況になってくると思う」

 今年は先に冬を迎えた南半球でインフルエンザの流行が確認されていて、日本でも感染が広がる可能性があります。

 徐々に感染者が増え始め、15日にはおよそ2ヵ月ぶりに1000人を超えた、熊本県内の新型コロナ感染状況。名古屋工業大学の研究グループによると東京都の第8波のピークは1月中旬になるとの予測で、熊本県内の感染者もこれから増加することが予想されます。1月中旬はインフルエンザのピーク時期と重なる恐れがあり、同時流行の懸念から県が積極的な接種を促している新型コロナワクチンは感染者が増えた直近1週間の予約者数が2週間前の1.7倍に増えるなど危機感の高まりがうかがえます。

 一方で小児向けワクチンの接種率は未だ20%ほどとなかなか進まない状況です。

杉野クリニック 杉野茂人院長
「小さい子どもさんでも重症化している例が報告されている。やはりよく考えて家族の方、あるいは医療機関で相談して、打った方がいいなと思われる方は接種されたらいいかと思います」

 懸念していることは他にも…。

杉野クリニック 杉野茂人院長
「一般的に使われている解熱剤や咳止め、薬が本当に手に入らない。発熱などの症状を不安に思うあまり多めに処方を希望する患者などが多く、熊本県内でも処方薬の在庫が乏しい状況が続いています」

杉野クリニック 杉野茂人院長
「インフルエンザが流行ってきた時に解熱剤が手に入らないということがないように国は早く対応をしてほしい」

 なお、ワクチンの接種状況ですが3回目のワクチンは熊本県民のおよそ7割が接種していますが、4回目のワクチンはまだ4割弱となっています。このうち65歳以上は8割以上が接種していますが、やはり20代や30代など若い世代は1割ほどと接種が進んでおらず、熊本県は引き続きワクチンの接種を呼びかけています。

https://www.youtube.com/watch?v=9075qHIMFGk 引用元:熊本朝日放送 KAB NEWS

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局