【超時事ニュース】17時間ぶっ通し勤務…救急隊員が“居眠り”事故 政府はコロナのピークが過ぎるのを待つのみ?|TBS NEWS DIG 出典: TBS NEWS DIG Powered by JNN

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 08:03

 

📃出典: TBS NEWS DIG Powered by JNN
https://www.youtube.com/watch?v=v16FVpT7VKc

 

📅公開日: 2023-01-17 21:29:53

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

==「起こるべくして起きたのではないか」救急車が居眠りで横転事故 17時間ぶっ通し勤務だった==

井上貴博キャスター:
救急車の横転事故が12月29日に発生しました。救急隊員全員が軽いけがを負っています。事故原因は居眠りとみられていますが、「起こるべくして起きたのではないか」と言われています。前日12月28日の朝出勤して7件の搬送を担当、17時間ほぼ休みなく勤務を行っていました。

運転していた東京消防庁の救急隊員(50代)「眠気に襲われて中央分離帯にぶつかってしまった」

コロナ禍に入ってから救急搬送困難事案という言葉をよく聞くようになりました。

【東京都 救急搬送困難事案】※総務省消防庁より
2022年10月24日~10月30日:1252件
2023年1月2日~1月9日:3248件(約2.6倍増加)

また、全国的にこういったステッカーを貼っているところがあるようです。

【川崎市消防局のステッカー】
救急隊員 イート&ドリンクタイム
※食事や水分補給、トイレをお借りしております。御理解、御協力をお願い致します。

コンビニエンスストアでの休憩について、ステッカーを車両に貼って、理解を求めなければいけない救助隊が増えています。

ひっ迫していた1月2日の週の横浜市消防局です。
▼救急=5871件出動
▼ひとつの搬送先が見つかるまでに救急隊員が約30件の電話をかけた場合も
▼搬送時、路上待機などで4時間かかった事例も
▼昼食=搬送先にある病院のコンビニで購入→5分で食べ終える
▼夕食=休憩時間が取れず夜12時を過ぎることも
▼救急隊員のシフトに消防隊員が応援で来てもらう形で負担軽減

全てのしわ寄せが現場に行っていることがわかります。

ホラン千秋キャスター:
救急隊員の状況を変えるために、何か政府として動いていることなどはあるんでしょうか?

TBSスペシャルコメンテーター 星浩氏:
保健所や救急病院、救急隊員など、一部の人に異常な負荷がかかっているのはよくないですよね。本来は色んな制度の見直しや応援の体制作りをしなくちゃいけないんですけども、今の政府の対応を見ていると、ピークが過ぎるのを待ってる状況なんですね。いずれピークアウトしてくるだろうと。そうすると段々日常化してきて、マスクの規制緩和などに乗り出すということで、そのために一部の人にしわ寄せがくることはあまりよくない対応だと思いますね。

ホランキャスター:
病院側も受け入れたい気持ちはあると思うんですけれども、状況がいっぱいいっぱいということなんでしょうか?

国際医療福祉大学感染症学講座 松本哲哉 主任教授:
もともと冬は、通常でも心筋梗塞や脳梗塞など、救急で受け入れなきゃいけない人は増えるが、コロナの影響で、医療機関側も医療従事者が感染したり濃厚接触者になったり、通常の診療体制のレベルを落とさなきゃいけない状況になっています。そういう中で患者さんを全部受け入れたいと思っても、どの医療機関でもそうなんでしょうけど、残念ながらもう患者さんは埋まっているし、ベッドも空かないということで、お断りせざるを得ない医療機関が増えてくる。結局どこに電話しても断られてしまうのが現状だと思います。

ホランキャスター:
そうすると助からない命も増えてきてしまうということなんでしょうか。

松本主任教授:
本来、早く来てもらえれば早く処置ができて助かったのに、時間がかかってしまったがゆえに助かるはずの命が助からないということはあり得ると思います。

==変異株“XBB.1.5”日本で拡大? 強い感染力で免疫が効かない?==

井上キャスター:
そんな中で変異株です。アメリカではXBB.1.5(オミクロン株亜種)が主流になりつつあります。

【アメリカ XBB.1.5(オミクロン株亜種)の割合】※米・CDCによる(1月11日公表)
▼12月3日までの1週間=2.3%
▼1月7日までの1週間=30.4%
▼1月14日までの1週間=43.0%

ニューヨーク州など北東部では新規感染者の8割以上がXBB.1.5で、ほぼ置き換わりが進んだと言われています。

WHOによると世界38国から5288検体の報告例があります。(2022年10月22日~2023年1月11日まで)

東京都でもわかっているだけで15件あります。(1月12日・東京都モニタリング会議)

もう既に日本に入ってきているわけです。

【XBB.1.5の特徴】
▼免疫逃避能力(免疫をすり抜ける力)
→これまでで最も高い

▼重症化・ワクチン効果
→十分なデータなし

▼1人の感染者が感染させる平均人数(実行再生産数)
→BA.5と比べ2.22倍(1月11日 厚労省アドバイザリーボード資料より)

▼中和抗体価(ウイルスからの防御力)
→BA.5と比べ最大59分の1(中国の研究機関論文より)

今後としては…
東京歯科大学市川総合病院 寺嶋毅医師「欧米の状況を見るとXBB.1.5は日本でも間違いなく広がる。現在の医療状況で拡大すると一般医療含めすべての患者の対応が難しくなる」

ホランキャ…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20230117-6062449)

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

https://www.youtube.com/watch?v=v16FVpT7VKc 引用元:TBS NEWS DIG Powered by JNN

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局