【超時事ニュース】3年ぶりにインフル流行で…懸念される新型コロナ&インフルの同時流行 備えは?【新潟】 (23/01/18 19:11) 出典: 新潟ニュース NST

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 03:10

 

📃出典: 新潟ニュース NST
https://www.youtube.com/watch?v=7QroJ_xMpls

 

📅公開日: 2023-01-18 19:15:20

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

新型コロナウイルスの感染者数が高止まりする中、県内は先週、インフルエンザの流行期に入りました。同時流行の可能性が高まる中、専門家は医療崩壊を回避するため、県民の冷静な行動を呼びかけています。

県内では18日、新たに1408人の新型コロナウイルス感染が発表されました。

年代別では10歳未満が225人と最も多く、次いで30代が206人となっています。

18日現在の病床使用率は41.3%、重症は1人、中等症は55人です。

【新潟大学大学院 高橋 昌 特任教授】
「今後の見積もりとして、新型コロナが2000人、3000人インフルエンザが2000人、3000人ということが同時に起こることは一定程度予想されています」

新型コロナとインフルエンザ、同時流行の可能性を指摘するのは、新潟大学大学院の高橋昌特任教授です。

県は1月12日、インフルエンザについて、定点医療機関1カ所あたりの報告数が2.33となり、3年ぶりに流行期に入ったと発表しました。

【松村キャスター】
Q新型コロナとインフルエンザの症状の見分け方は

【新潟大学大学院 高橋 昌 特任教授】
「熱が出る、鼻水が出る、咳が出る…消化器の症状もどちらにも出てくるので見分けるのは難しいだろうと思います」

発熱など、症状の似ている2つの感染症。

高橋特任教授が懸念するのは同時流行が招く医療崩壊です。

【新潟大学大学院 高橋 昌 特任教授】
「自宅に少なくとも新型コロナの抗原定性キットを置いて頂いて、新型コロナであるかどうかをご自身で見極めて頂く。ご自身で検査しないで、皆さんが発熱外来に押しかけることになれば、そこで破綻してしまいますので」

一方、新型コロナとインフルエンザの同時感染については、過度な心配は要らないと話します。

【新潟大学大学院 高橋 昌 特任教授】
「そもそもが新型コロナのオミクロン株であったりインフルエンザの重症化率・死亡率は、非常に低いレベルですので、それほど同時感染について”危ない”と考えなくて良いと思う」

様々な感染症の流行が懸念される冬。

【新潟大学大学院 高橋 昌 特任教授】
「ノロウイルス、ロタウイルスインフルエンザもそうだが、色んなウイルスが流行る季節ですので、今一度しっかりと石けんで手を洗う。基本的な感染対策を、今一度見直していただいて、同時流行の季節を新潟県内で少ない数で抑えて乗り切っていきたいと思う」

https://www.youtube.com/watch?v=7QroJ_xMpls 引用元:新潟ニュース NST

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局