【超時事ニュース】時期検討へ 政府は“屋内マスク不要論”も withコロナどうなる?医師と議論|TBS NEWS DIG 出典: TBS NEWS DIG Powered by JNN

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 08:23

 

📃出典: TBS NEWS DIG Powered by JNN
https://www.youtube.com/watch?v=MroBalniTII

 

📅公開日: 2023-01-18 19:06:33

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

現在、新型コロナは感染法上で「2類相当」に分類されていますが、政府は「5類」に引き下げる方向で検討を進めています。また、屋内でのマスクの着用についても「原則不要」という案が浮上しています。日本感染症学会の専門医とルールが緩和される今後について考えます。

■5類引き下げで"隣の席で働く人が実は陽性だった"という状況が当たり前に⁉

ホラン千秋キャスター:
新型コロナの感染症法上の分類を見直しましょうという動きについてです。現在、感染症法上の分類、重い方から1類から5類まで分かれている。

1類…エボラ出血熱など
2類相当…新型コロナウイルス感染症
2類…結核、SARSなど
3類…コレラなど
4類…デング熱、サル痘など
5類…季節性インフルエンザなど

新型コロナは今、2類相当という位置づけです。これを季節性インフルエンザなどと同じ5類にしていきましょうと。

岸田総理は「週内に関係閣僚会議を開き、引き下げる時期を議論する」という見通しのようです。さらに1月17日、加藤厚労大臣も「(分類見直しの)環境は出来ている」というふうに話しまして、感染状況を実際に見極めた上で、分類を変えていくかどうか判断していくと見られているわけです。

では実際に2類相当から5類に変わりますと、どんなところが変わるのか。

現在の2類相当ですと…国や自治体は、新型コロナに感染すると、入院してくださいとか、職場に行ってはいけませんとか、外出を控えてくださいとかなどを要請することが可能。→それが5類になると、こういった要請ができなくなります。

そして検査・治療費、ワクチン接種費について…2類相当の今は、全額公費負担。→5類になりますと、基本的には自己負担。

ただ、いきなり公費負担なしにするのではなくて、段階的に公費負担なしに向けて縮小していくことを検討しているということです。いきなり公費負担なしにすると、「治療費がかかるなら病院に行かないでおこうかな」とか、「医療費が払えない」とかいう方がでることが考えられますので、ここは段階的に、というわけです。

KARADA内科クリニック五反田院長佐藤昭裕医師:
以前と比べると、かなり体制強化はされていると思います。特に発熱外来に関して、検査キットを自分で買って使えるようにしたことによって、この第8波の中の発熱外来は、第7波より落ち着いています。

そういう政策は、はまってきてはいるが、重症患者を受け入れる病院のひっ迫具合というのはまだ変わっていません。これを5類にしたから解決できるかということについては疑問。まだまだ検討すべき課題というのはたくさんある。

完全な5類というのは、おそらく難しいので、「5類相当」ということになると思うが、一番大きいのは医療費のことで、公費負担なしに向けて段階的に縮小するということになる思う。

もう一点は、就業制限とか外出自粛とかを要請しなくなるので、例えば仕事で、隣の席で仕事をしている人が、実は陽性だった、という社会になっていくと思います。その意識が、一般のみなさんに必要になる。

■"マスク不要"論の背景に政治的思惑一方「マスクを着けるべき方向に向かっていいはず」との声も…

ホランキャスター:
この分類の見直しとともに議論されるとみられているのが、「マスクの着用」について。

現在、屋外においては、マスクは原則不要となっていますが、一方、屋内では会話をする場面や、距離の確保が難しい場合は、マスクの着用が推奨されています。ただ、距離を確保し会話をほとんどしない場合は、屋内でもマスク不要となっています。

新たな着用ルールとして、政府内では5類に引き下げる時期に合わせて、屋内でもマスクを着用しなくていいという原則不要案などが浮上しているということです。

なぜこのタイミングで、マスク不要という議論が行われているのか。1月に岸田総理は外遊を行いましたが、欧米各国はすでに、マスク不要というシーンがたいへん進んでいます。そこに足並みを揃えたいという思い、さらにG7サミットが5月に広島で行われるので、その前までに、"脱マスク"の環境づくりをしたいのではないかという見方があるようです。

1月23日に召集される通常国会では、マスク着用について、演壇にアクリル板を設置し、答弁者などのマスク着用を不要にするということです。不要の理由として、議員席と一定の距離があるためということなんですが、少しずつ日常の中で、マスクを着用しなくてもいいというシーンが増えていきそうです。

井上キャスター:
日本はいまだに世界一、マスクの着用率が高いわけですけれど、マスクを何のためにつけるかについて、いま一度思い返すと、リスクを軽減させたり、感染予防のために着けたりするはずのもの。それが、人目を気にしてつけるなど、マスクの意味合いが、マナーのような位置づけになっていないかなと感じる。

オンライン直売所「食べチョク」秋元里奈代表:人によって考え方が違うので、マスクを着ける人にルールを合わせて、原則マスクを着けましょうという形にどうしてもなってしまっている。どこまで効果がある…(https://newsdig.tbs.co.jp/list/article?id=jnn-20230118-6062659)

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

https://www.youtube.com/watch?v=MroBalniTII 引用元:TBS NEWS DIG Powered by JNN

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局