【超時事ニュース】第4回オンライン自分ごと化会議~Withコロナ時代のアクセルとブレーキを考える~ 出典: 構想日本

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 02:18:05

 

📃出典: 構想日本
https://www.youtube.com/watch?v=pcsbtQcYKBI

 

📅公開日: 2021-10-03 05:23:42

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

政府「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の第7回(9/3)の資料「 ワクチン接種が進む中で 日常生活はどのように変わり得るのか? 」では、ワクチン接種が進む中で、国民一人ひとりが今後どのような暮らしを望むのかについて「国民的議論が必要」との考え方が示されました。
そこで、オンライン自分ごと化会議の第4回を「Withコロナ時代のアクセルとブレーキを考える」をテーマに開催します。
構想日本はこれまで、無作為に選ばれた住民が国や自治体とともに、地域の重要課題などについて議論する『自分ごと化会議』を全国で約160回(累計参加者は1万人以上)行ってきました。『オンライン自分ごと化会議』は、それらの会議にこれまでに参加した“ふつうの国民”と、専門家を交えて「withコロナの生活」をテーマにオンラインで議論する会議です。

★オンライン視聴者用アンケート★
第4回オンライン自分ごと化会議をご覧いただきありがとうございます。
アンケートへのご協力をお願いいたします。
https://forms.gle/sQMWkN1vgpNo1HHR6

●第4回オンライン自分ごと化会議の概要
これまで外出の自粛や飲食店の営業時間短縮など日常生活への制約を通して、感染拡大対策が取られてきました。しかし、長い目で見ると、できるだけ制約のない日常生活と経済活動に戻していくための取組み(アクセル)と、その際に感染拡大が起こらないようにする対策(ブレーキ)のバランスを取りながら進めていかなければならないと国民全体が感じています。
そこで、「Withコロナ時代のアクセルとブレーキを考える」をテーマに、北海道から九州までの各地で「自分ごと化会議」に参加した約15名と、「分科会」のメンバーである小林慶一郎氏をはじめ、医療、教育現場に詳しい専門家で、今後に向けた懸念点や期待などについて議論します。
この会議が、分科会で示された「国民的議論」のきっかけにしていただければ幸いです。

■日時 2021年10月2日(土) 15:00~17:00(予定)

■参加者
住民(過去に「自分ごと化会議」を行った自治体からの参加者)計15名程度
ナビゲーター(専門的視点から論点の提示や視点の提供を行う役割)5名
・河北 博文氏 (社会医療法人 河北医療財団 理事長)
・小林 慶一郎氏(慶應義塾大学 経済学部 教授)
・定野 司氏  (構想日本特別研究員、元足立区教育長)
・伴  幸俊氏 (公益財団法人 豊田地域医療センター 理事・事務局長)
・福嶋 浩彦氏 (中央学院大学教授、元千葉県我孫子市長、元消費者庁長官)
・山中 光茂氏 (しろひげ在宅診療所院長、前松阪市長)
コーディネーター
・石渡 秀朗氏 (構想日本 特別研究員)

■当日資料等について
第4回オンライン自分ごと化会議の開催にあたって、構想日本は「Withコロナ時代のアクセルとブレーキ」をテーマに事前アンケートを行いました。
●事前アンケート( http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/wp-content/uploads/2021/09/8e5eb2887010d2966d1150cd60ea0c47.pdf )
●当日資料(http://www.kosonippon.org/cp-bin/wp/wp-content/uploads/2021/10/a057263e87a90b502ea97e2764defc74.pdf )

■主催
 政策シンクタンク 構想日本

https://www.youtube.com/watch?v=pcsbtQcYKBI 引用元:構想日本

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました