【超未来ニュース】彫刻の寺、柴又帝釈天。法華経説話彫刻、未来の国宝。 出典: 大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未来ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 13:20

 

📃出典: 大紀元 エポックタイムズ・ジャパン
https://www.youtube.com/watch?v=9W97SzY1xmk

 

📅公開日: 2021-10-12 20:15:01

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

東京・葛飾、柴又帝釈天は「彫刻の寺」と言われ、境内に数多くの木彫がありますが、中でも帝釈堂内陣の外側にあります10枚の胴羽目彫刻は文化財として価値が高いものです。未来の国宝とも言われるほどです。
これは法華経に説かれる代表的な説話10話を選び視覚化したもので、大正11年(1922年)から昭和9年(1934年)にかけて、加藤寅之助ら10人の彫刻師が1面ずつ分担制作した。この羽目板の上方には十二支と天人、下方には千羽鶴が表され、高欄(縁)より下の部分には花鳥および亀を浮き彫りで表す。

映画「男はつらいよ」でおなじみの寺。

https://www.youtube.com/watch?v=9W97SzY1xmk 引用元:大紀元 エポックタイムズ・ジャパン

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました