【超時事ニュース】【新聞看点】中共、砂漠で米艦模型でミサイル実弾演習 出典: 真実の報道 エポックメディアNEWS

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 08:03

 

📃出典: 真実の報道 エポックメディアNEWS
https://www.youtube.com/watch?v=vrjHPtQ0pFU

 

📅公開日: 2021-11-12 11:28:02

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

「ロイター通信」や「AP通信」などの複数のメディアは、衛星映像を引用して、新疆ウイグル自治区のチャルクリク地区にある、タクラマカン砂漠には、中共ロケット軍が過去に対艦弾道ミサイル「東風21-D」の発射実験を行った範囲があると報じています。中共軍は、昨年7月に南シナ海で行われた対艦弾道ミサイルの実射実験で、「空母キラー」と呼ばれる東風21-Dミサイル6発を発射したことを明らかにしました。
同紙によると、中共の射場内には、米海軍の空母1隻、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦2隻の実物大の模型が存在しています。 両艦は、台湾を含む西太平洋周辺海域を哨戒する、米国第7艦隊に所属しています。

【インフォメーション】
⒈  大紀元エポックタイムズ・ウェブサイト無料会員登録はこちら https://www.epochtimes.jp/register
⒉  大紀元 エポックタイムズ・ウェブサイト  https://www.epochtimes.jp
⒊  💛ご寄付のお願い💛
大紀元 エポックタイムズ(日本語版)は、世界の主流メディアが報道しない中国の真相を伝え、社会の存続の柱である伝統文化を広めています。皆様からの寄付金が私たちの活動の支えです。皆様からのご支援をお待ちしております。
👓寄付についての詳細はこちら https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/52241.html 👉クレジットカードまたは銀行振込で寄付ができます。

https://www.youtube.com/watch?v=vrjHPtQ0pFU 引用元:真実の報道 エポックメディアNEWS

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました