【超時事ニュース】コロナ禍の困窮 “10万円給付”も厳しい現実は(2021年11月14日) 出典: ANNnewsCH

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 03:09

 

📃出典: ANNnewsCH
https://www.youtube.com/watch?v=rl5t3lNM3g0

 

📅公開日: 2021-11-14 07:06:16

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

13日、京都市で開催された学園祭。華やかなステージで盛り上がる一方、コロナ禍で経済的に困窮する学生に食料品の無償提供が行われました。

大学3年生
「カップ麺とか米とカレー。すごくありがたいのでうれしい」
こうした学生達に対し、政府は・・・

岸田総理大臣
「コロナ禍で厳しい経済状況にある学生にも、修学を継続するための10万円の緊急給付金を支給致します。」

アルバイトを2つ掛け持ちする 大学3年生
「一刻も早く欲しいです。普段は値引きされたお肉を買っていたのを値引きされていないものを買ってみたり」

大学1年生
「条件がいっぱいあるので、貰える人と貰えない人が出てくると思う」
対象となるのは20万人程度で、一定の条件が必要なことから“線引き”が課題となりそうです。

大学2年生
「全員貰えるか、無しにするか二択の方が平等でいいと思う。」

東京都大田区にあるこちらの子ども食堂は、10万円相当の給付対象となる育ち盛りの子どもを持つ世帯も多く利用しています。
10月、岸田総理が視察した際、代表の近藤さんは、生活困窮者の切迫する実情を訴えました。

子ども食堂「だんだん」 近藤博子代表
「コロナ禍で収入が減ったにもかかわらず、子どもたちの教育とかを削ることは大変、何を真っ先に削るかとなると、どうしても食費を削らざるを得ない。」
こちらの女性は、夫と別居中で2人の子供を育てています。時短勤務のため月収は、十数万円ほど。給付金の使い道は・・・

2人の子どもを育てる母親(30代)
「子どもの服と、おもちゃを買ってあげたいと思っています。時々自分がお腹すいていないなと感じるときでも自分は食べずに子どもたちだけの日もあるといえばあります。子どものために使いたいなとは思います。」
母親「サンタさんに何お願いしようか?」
子ども「ジュースがいい」
母親「なんでジュースなんだよ」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://www.youtube.com/watch?v=rl5t3lNM3g0 引用元:ANNnewsCH

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました