【超時事ニュース】材料費の値上げ、クリスマスケーキにも影響 コロナ禍に奮闘する店 (21/11/18 10:30) 出典: メ〜テレニュース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
時事ニュース
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ

⏱再生時間: 04:38

 

📃出典: メ〜テレニュース
https://www.youtube.com/watch?v=6Ry6gwTWFxU

 

📅公開日: 2021-11-18 10:33:28

 

📌番組概要:

番組概要を開く(クリック)

 

クリスマスシーズンが近づく中、名古屋のケーキ店は材料費の値上げに打撃を受けています。それでも担当者は客を増やそうと奮闘しています。

 名古屋市守山区の洋菓子店「めるたん」。10月から、販売する商品の値段を10円から30円ほど上げ、クリスマスケーキの値段も2020年より100円ほど上げました。

「小麦粉など、原材料費の高騰が原因です」(やすらぎsweet処「めるたん」 生田めぐみ店長)

 10月、政府が製粉業者に売り渡す小麦の価格が、天候不順や物流費の上昇などで19%増加しました。小麦だけでなく、卵や砂糖、イチゴの値段も上がっています。

 生田店長によると、商品の値段を上げても、材料費の値上げに追いつかないと言います。

「値段が上がることで、お客さまが来なくなるのではという心配があります。」(生田めぐみ店長)

 値上がり分を補うために力を入れているのがSNS。更新頻度を増やし、ターゲット層を広げることが狙いです。

「おいしそうに見える写真を撮れるように考えながら、週3回は上げられるようにしています。客のメインは子どもがいる家庭なので、その人たちにももちろんですが、みなさんに見てもらえるようにしている」(生田めぐみ店長)

 商品の値上げについて、常連客の反応は。

Q.商品が値上りしましたが知っていましたか?
「気づいてなかった。すごく高くなるなら考えるが、10円・20円程度であれば。月2回来る程度なので、雰囲気のいいお店なの来てしまいますね」(客)

自宅を改修して菓子販売 きっかけはコロナ禍で減った「パン教室」

 コロナ禍で試行錯誤するスイーツ店がある一方、個人で新たに菓子販売に挑戦する人もいます。

 名古屋市千種区に住む佐々木さんは2020年、コロナ禍を機に自宅の一部を改修し、販売向けのお菓子を作るための許可を取りました。

 この日は試作品作り。作るのは、ドイツ発祥のクリスマス定番のお菓子「シュトーレン」です。原材料には、愛知県産の小麦粉「ゆめあかり」を使用し、中にはドライフルーツがたっぷり。

 20年以上、パン教室を開いてきた佐々木さんですが、コロナ禍でパン教室の売り上げが落ち込みました。また、「シュトーレン」を販売するために自宅とは別の場所にあるシェアキッチンに通っていましたが。

「コロナになって、シェアキッチンが借りられなくなったり、作りに行くことも困難になったので」(パン教室 ららん 佐々木紀子さん)

慣れない書類作成「大変でしたけど楽しかった」

 シェアキッチンがダメなら自宅でお菓子づくりを続けようと、佐々木さんは2020年、自宅の改修に踏み切ったのです。きっかけは、SNSで国の小規模な事業者に向けた補助金について知ったことでした。

「コロナの補助金の存在を知ったのが大きくて踏み出す一歩になりました。そうでなければ、自宅の設備を作ってまで、菓子製造の許可をとるというのは考えられなかった」(佐々木紀子さん)

 補助金を得るために、商工会議所に行って、慣れない書類作りをしました。

「写真とかも入れて、購入予定のものを分かりやすく書いて作りました。商工会議所に行って、何回も書き方を聞いて、4回ぐらい通って申請しました。大変でしたけど楽しかったです」(佐々木紀子さん)

 手探りの中、たどり着いた自宅の改修。このクリスマス向けの「シュトーレン」の予約は好調で、約100件の注文を受けているということです。

(11月17日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)

https://www.youtube.com/watch?v=6Ry6gwTWFxU 引用元:メ〜テレニュース

 

みんなの意見 本音をシェアしよう!

スポンサーリンク
↓↓↓ランキングに参加してます。クリックで応援をお願いします !
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
このニュース動画をみんなとシェアする
超ニュース報道局のアカウントをフォローしよう!
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
超ニュース報道局
タイトルとURLをコピーしました